「1日のオーラルケアの流れ」を振り返ってみました。

自宅でできるオーラルケア」といえば、それほど多くの選択肢はないとはいえ「他人がどのように歯のケアをしているのか?」については興味がある方もいらっしゃる・・・のではないでしょうか?

そこで今回は私が実践している(「実践」というほど大げさなものではないですけど…)オーラルケアを「現時点でのケア方法を自分なりに再確認する」という意味でも簡単にまとめて書いていきたいと思います。

私が実践中のオーラルケアについて

●「朝のケア
・起床後すぐに電動歯ブラシで歯を磨く
(液体ハミガキで口をかるくゆすいでから)
・さらに朝食後に「食べかすを取り除く程度の簡単なブラッシング」を手磨きで行う
(こちらのブラッシングでは「キシリデント」や「クリニカ」などのそれほど価格が高くない歯磨き粉を使ってます。)

●「お昼のケア
・昼食後、朝と同じように「手磨きでの簡単なブラッシング」+「ガムを噛む
・ブラッシングができない時には、食後に「お水やお茶で口をよくゆすぐ」+「ガムを噛む」
・「おやつ」を食べた場合には食べ物の種類を問わず(スイーツでもスナック菓子でも)忘れずに手磨きでのブラッシングを行う

●「夜のケア
・夕食後に「ジェットウォッシャー」で入念に一日分の食べかすを取り除き、気が向いたらデンタルフロスも合わせて使用する

・就寝前に「リステリントータルケア」や「クリニカデンタルリンス」などの液体ハミガキを使い、電動歯ブラシでしっかりと丁寧に磨く
(電動歯ブラシで磨いた後に「ジェルコートF」や「クリニカ アドバンテージ デンタルジェル」などで仕上げ磨きをすることもあります)
・歯ぎしり対策用の「マウスピース」を使用して就寝。


・・・と、別に「特別なことをしているワケでも、お金をかけているワケでも」ありませんが、私はこんな流れでオーラルケアをしています♪

こうやって書いてしまうと、1日でかなりの回数(4~5回?)歯を磨いていることになるので「面倒くさそう」とか「ブラッシングによる歯や歯茎へのダメージが心配…」だと感じる方もおられるかもしれませんね?
 (もっと頻繁に磨かれている方も居らっしゃるでしょうが…)

とはいえ、食事の後のブラッシングにはあまり時間をかけておらず、「歯の溝」や「歯間」の食べかすをササッと取り除く程度のブラッシングなので個人的にはあまり手間がかかるということも感じていませんし、歯ブラシによる歯の摩耗も(…たぶん)そこまで心配するほどではないとは感じています。

・・・が、やはり食後はお口の中が酸性になっていて歯が傷つきやすいので長時間ゴシゴシと磨くことはよくありませんし電動歯ブラシや研磨剤入りの歯磨き粉もあまり使用しないほうが良いんですよね。
(上にも書きましたけど、私は価格の安さから「クリニカ(研磨剤入り)」を使ってしまったり、気分によって「キシリデント(こちらは研磨剤なし)」を使ってます。)



そして一番力を入れているのが「夜のオーラルケア」でして・・・
この理由は、皆さんもご存知の通り「就寝中が一番虫歯菌にしても歯周病菌にしても増殖しやすい時間帯」だからなのですが、個人的には通常の歯磨き粉よりはリステリントータルケアやクリニカデンタルリンスなどのほうが朝のお口のすっきり感が違う(=菌の繁殖が抑えられている?)ことを実感しているので夜のブラッシングには液体ハミガキ剤を使うことを心がけています。



ちなみに、ジェットウォッシャーを使った後はお口の中がスッキリして「もう口の中を食べ物で汚したくない」という感じになって、「寝る前に何かを食べてしまう」とことが無くなったので、きっと体型が気になる人ならばダイエットにも一役買ってくれるんじゃないかとは密かに感じております♪
(ハミガキダイエットなんてのが少しだけ話題になりましたよね。)

それと私の場合には「就寝中の歯ぎしり」について少しだけ自覚症状が出だした(「アゴの痛み」や「内頬・舌に歯型がついている」など)ので、「ラニール プラッカーズ デンタルナイトプロテクター」というマウスピースを使用しています。

・・・ただ、マウスピースに関しては「…別に歯ぎしりなんてしたことないです…」という人が無理に使用しても意味がありませんし、マウスピースをつけることによって「口が少し開きやすくなる(=就寝中に口が乾燥しやすくなる)」ことを私は感じているので、必要なさそうな人は使わないほうが良いかと思います。
(わざわざ自覚症状がないのに購入される方はそもそも少ないでしょうが…)

とにかく、こうやって自分のオーラルケアを振り返ってみるとできる範囲内でけっこうこマメにやっているようですし、自分であまり苦にもなっていないので、これからも(オーラルケアアイテムがコロコロ変わるでしょうけど…)この習慣は続けていきたいですね。
皆さんも、多少面倒くさがり屋さんだったとしても「フロスやジェットウォッシャーでの歯間掃除」と「就寝前のブラッシング」は入念にされることを強くオススメします。
  スポンサーリンク


コメントを投稿