うすめて使う洗口液「バトラー・CHX洗口液」を試しに購入してみました。

「お口に含んですすくだけ」でオーラルケアができる洗口液は現在数多く販売されてますが、
今回は私が先日はじめて購入をした「バトラー・CHX洗口液」について取り上げてみたいと思います。

●こちらのパッケージの商品ですね

(Amazonへの商品リンクとなってます)

●箱から出した商品の画像
(ここからは自分で撮影した画像です♪)


このCHX洗口液はオーラルケアアイテムとしては定評のあるバトラーブランドの商品となっていて、
「歯周病の原因菌を殺菌する作用のある成分(グルコン酸クロルヘキシジン)」や「炎症を抑える成分(グリチルリチン酸モノアンモニウム)」が配合された商品となっております。

そしてCHX洗口液には「(20倍程度まで)原液を水で薄めて使用をする」という大きな特徴があるので、以前このサイトでも紹介したコンクールFとかなり似ている商品ですよね。
コンクールFについての紹介記事

なので両方の商品を実際に使用した私は、これら2つの商品を比較した勝手な感想を書いていきたいと思いますが・・・・
まずはCHX洗口液のキャップをはずしたところの画像を貼り付け。

少しピンボケしてますがコンクールFとほとんど同じ注ぎ口になっていますね。

ただ、コンクールFと違ってCHX洗口液は容器を傾けるだけで原液がポタポタと出てきてしまうため、不器用な私はこぼしてしまうこともあったのでこの点は少し不便に感じてしまいましたよ。
(コンクールFは容器を逆さにしてから容器を押すことではじめて原液が出てきてくれるので…)

次に使用方法に関しては・・・
■CHX洗口液は「付属の計量カップを使い、原液0.5mlに対して10mlの水」で薄めて使用。

※パッケージには分かりやすいイラストが付いてました♪


■コンクールFは「原液5~10滴に対して水25~50ml」で薄めて使用。

ということになっているので、直感的に「CHX洗口液のほうが濃度が低い(コンクールFの方が濃い)」ということは想像できたのですけど、
実際にどのぐらい原液の濃度に違いがあるのか気になった私は確認のため付属の計量カップにコンクールFを注いでみたところ・・・約10滴ほど注いだところで0.5mlの線まできたので「10滴=0.5ml」という感じ・・・で合っているのかな?
●コンクールFの原液をカップに注いだところ


ということはザッと計算すると「コンクールFは100倍程度に薄める(原液0.25~0.5mlに対して水25~50ml)」というとになるのでやはりコンクールFの方がかなり濃度が高いようですが、同価格帯ながら「お口に含む1回分の量」や「内容量(250mlと100ml)」に違いがあることから1回分のお値段には大きな違いはないのかもしれませんね。


ちなみに、口に含んだときの味についてはどちらも「科学的な味?」がするのはたしかですけど、CHX洗口液の方が甘みがあって刺激がかなり少ない印象でした。

それと肝心の歯周病予防効果については・・・
これは両方の商品とも(…というかどんなに評判の良い商品でさえ)「これさえ使えば歯周病にはならない!」なんてことはありえないので、
どちらを使うにしても「毎日の丁寧なブラッシング」や「他のオーラルケアアイテムを併用する」、さらには「定期的に歯医者さんでクリーニングをしてもらう」などをしないといけないことから・・・結局は皆さんも試しに両方購入をしてみて好みのほうを使い続けることをオススメいたします。
どちらの商品も「薄める手間」があるとはいえかなりお得に長期間使用できる洗口液ですからね。

いちおう私は「薄めるお水の量が少なくて刺激が少なめ」なCHX洗口液を使うと思います。
・・・でも、正直なところ今回CHX洗口液を注文した後に未開封のコンクールFが部屋にまだひとつ残っているのを見つけてしまったので次にCHX洗口液を購入するのはかなり先のことになりそうですけどね♪

歯の着色対策ができる液体ハミガキ「クリアクリーン ホワイトニング」を購入してみました

クリアクリーン」といえばいろいろなタイプのオーラルケアアイテムがラインナップしているお馴染みのブランドですが、今回はその中の「クリアクリーン ホワイトニング デンタルリンス アップルミント」という歯の黄ばみ対策用液体ハミガキを実際に購入して試してみました。

●こちらのパッケージの商品ですね。


簡単な商品の特徴としては・・・
  • 「リンゴ酸」効果で歯の着色汚れ※を浮かせて落とすことができる「液体ハミガキ」
    (※コーヒーやお茶などの黄ばみ汚れ)
  • さらに「PEG-12」によりタバコのヤニ汚れ対策もできる
  • 使用方法は…液体ハミガキなので「20秒ほどお口でゆすいだあとにブラッシング」をする必要がある
  • アップルミント風味でアルコール配合
  • ポリリン酸Naにより歯磨き後の歯をしっかりコーティング
  • 比較的お手頃な価格で購入可能
という感じなので・・・配合されている成分を見た限り「ホワイトニングも虫歯・歯周病対策もできる液体ハミガキ」というワケではなく、単純に着色汚れを落とすためだけの商品ではあるようですね。

●キャップを開封してみると「アップルミント風味」と書いてあるとおり、りんごの香りがほんのりしてきました。


使い方としては・・・「15ml(キャップに目盛りがあります)をお口にふくんで20秒ほどゆすいだあと普通にブラッシングをする」というだけなので1回の使用量が多くも少なくもないですし、当り前ですが使用方法も普通の液体ハミガキと同じになってますね。

そして実際に「クリアクリーン ホワイトニング」で口をゆすいでみましたが、アルコール配合なので多少の刺激感はあるとはいえミント自体の刺激はそれほど強くないのかな?

ただ(事前にアップルミント風味だということを分かって購入しておいてなんですが…)、
クリアクリーンを吐き出したあと「人工甘味料を使用したリンゴジュースを飲んだあと」のような風味が口に残るのが個人的には少し抵抗感がありました。

なので私は「リンゴの香料やアルコールを入れずにミント系の香りをもっと強くしてくれたほうが良かったなぁ…」なんてことを正直感じてしまいましたけど、そもそもリンゴ酸が入っているのでこういった風味のほうがイメージしやすいのかもしれませんね♪

それと・・・これは皆さんも商品特徴からすでになんとなく想像がついていると思いますが、
「リンゴ酸によって歯の着色を浮かせる効果がある」ということは酸による歯への影響も多少は考えないといけないため「使用回数」や「使用後のブラッシングのチカラ加減」などに注意が必要だとは思いましたよ。
(着色した部分の汚れだけだけを都合よく浮かせてくれるわけないので…)
・・・もちろん普段の食事からでも果物やお酢などによって酸は取り入れているので過度に気にする必要はないんでしょうけどね。

とにかく、私の場合は毎日のようにコーヒーや緑茶を飲んでいて「実際に歯医者さんで歯の裏側の着色汚れを指摘された」ことが過去にあったこともあり、今回は前々から気になっていた「クリアクリーン ホワイトニング」を購入してみたので・・・
もし「日頃から歯の着色汚れが気になっている」とか「コーヒーやワイン・タバコ・カレーなど着色しやすい食品を習慣的に食べている」なんて人はまずこちらの商品でケアされてみてはいかがでしょうか?



「リンゴ酸による着色汚れへの効果」については実のところまだ数日しか使用してないのでなんとも言えませんけど、それほど高価な部類のオーラルケアアイテムでないので手軽にはじめられますからね。

「歯茎に埋まった歯(埋伏歯)」について

「歯が歯茎や骨の中に埋もれてしまって外からは見えない状態の人」が最近ではけっこう増えてきているそうですね。

この埋もれてしまった歯は「埋伏歯(まいふくし)」と呼ばれていて、埋伏歯のほとんどのほとんどのケースは下アゴの親知らず部分で発生してしまいます。
では「なんで親知らずがキレイに生えず歯茎に埋もれてしまいやすいのか?」については、とっても単純で「歯が上に真っ直ぐ生えるスペースがないために埋もれたままになってしまう」からなんですよね。

そしてこの埋伏歯が現代人に増えてきてしまった原因ですが・・・
こちらも単純なお話で、皆さんも「昔の人」と「現代人」の顔のイメージをポンヤリ思い浮かべてみると「昔の人は角ばった無骨な輪郭」をしていて「現代人はアゴがシャープでほっそりとしている」ような顔を(きっとたぶん…)想像してしまうように、現代人は食生活の変化などでアゴがあまり発達せずに親知らずが生えてくれる年齢にまで達してしまう人が増えているため、それに伴って埋伏歯の人も増えてしまっているそうですよ。


とはいえ、単に「アゴの発達」というだけの問題ではなく「毎日アゴに圧力がかかりやすい横向きの体勢で寝てしまう」なんてことでも意外とアゴの形が変化して親知らずが上手く生えないこともあるので、成長期のお子様などの寝相には多少気を使うことも大切となりますよ。

実際に親知らずが埋もれたままになってしまうと、埋伏歯は「斜め」や「真横」を向いて隣り合っている奥歯と接触してしまうケースが多々あるために「食べカスが溜まりやすく、ブラッシングしにくい場所※」となり炎症を起こしてしまうこと(智歯周囲炎)が多い上に、
親知らずが奥歯に向かってどんどんと生えようとすることで「奥歯への圧力によるトラブルが発生しやすい」だけでなく、それによって歯並びまで変化させてしまうこともあるので注意が必要です。

※口腔洗浄器を使うことでブラシが届きにくい部分もある程度ケアできますよ。


なので昔は「将来的に悪さをする」と思われる埋もれてしまっている親知らずは積極的に抜くような処置がとられていたようですが、最近では「智歯周囲炎などが頻繁に起こる」などのトラブルが発生しなければ無理には抜かないなんて歯医者さんもおられるようなので・・・
結局のところ、埋もれてしまった親知らずの処置は「歯医者さんの治療方針と私達の希望」によっても多少変わってくるみたいですね。
(斜めに生えている程度の親知らずならば虫歯になっても治療をして普通に使い続けることも可能ですし…)

ちなみに親知らず部分以外でも埋伏歯が発生することはありまして・・・
この原因は「アゴの形」や「遺伝」、「過剰に歯が作られてしまう」、「乳歯から永久歯への生え変わりが上手くいかない」などの理由により起こってしまうこともあります。

とにかく、いろいろな原因から埋伏歯が発生してしまうので「埋伏歯を完璧に防ぐ方法」となるとなかなか有効な方法はないのかもしれませんが、とにかく「乳歯の頃から適切なオーラルケアをする」ことや「よく噛んで食事をする」ことが基本でありながら重要な対策方法となりそうですね。

この記事のまとめ

  • 歯茎から出てこない歯(埋伏歯)はアゴの小さな現代人にとって最近とても増えてきている問題
  • アゴが小さくなってしまった大きな原因は、昔とは食事内容が変わってきてしまいたくさん噛んで食事をする必要がなくなってしまったため
  • 普段の姿勢や寝相などによってアゴに負荷をかけてしまうことでも埋伏歯になることがある
  • 埋伏歯周辺はブラッシングなどでのケアできないことから虫歯や歯周病になりやすい
  • 埋伏歯を防ぐには…成長期に「しっかりとしたオーラルケア(虫歯による歯並びの乱れを防ぐため)」や「よく噛んで食事をする(アゴの成長を促す)」ことが大切

オーラルケアをしないことで発生するお口のトラブル

「歯磨き」などの毎日行うべき自宅でのオーラルケアをサボっとしまうことで発生してしまうお口のトラブルといえば・・・たぶん皆さんもいくつかは簡単に想像はできてしまうと思います。

とはいえ、あえてそういったことも調べてみることも意外と大切なのではないかと感じたので今回は取り上げてみました。


●まずは大定番の「虫歯」
虫歯とは・・・
「ミュータンス菌」という虫歯菌が歯の表面にプラークを作り出し、そのプラークが糖分をエサにして酸を作って歯を溶かすことで起こるトラブルですよね。

ですので虫歯にならないためには「そもそも生まれた時にはお口に虫歯菌は居ないので、それを外から感染させない」ということが有効な対策方法なのですが・・・
これは私達が物心付く前の赤ちゃんの段階で「親の虫歯菌が子供に移る」という流れで同じ食器を使ったりキスをしてしまうと虫歯菌が子供にお口へと移動してしまいましすし、
親がいくら「子供に虫歯菌を感染させないようにしよう!」と思っていても完全に防ぐには限界がある(特に祖父母とのコミュニケーションに注意)ため、「親が子供の将来のために虫歯菌をうつさないように気をつける」ことは大切だとはいえ、現実的にはけっこう難しい対策方法なんですよね。

そこでもう一つの虫歯の原因である「糖分をお口に残さない」ことが私達ができる最善の虫歯対策となり、それには「(最低限)1日1回は超丁寧に歯磨きをする」ことが重要となります。

もちろん「食事をするたびにブラッシングする」ことも有効なんですが、プラークが作られてから2日程度の期間が経つと自分のブラッシングでは対処できない状態になると言われているので・・・
最低でも1日に1回は歯ブラシだけでなくフロスやジェットウォッシャーなどで食べカスや出来立てのプラークをコマメに取り除いていきましょうね。



特に「歯並びの悪い人」や「1回でも治療済みの歯がある人」、「年齢や歯周病で歯茎が下がり気味の人」はどうしても汚れが溜まりやすいのでご注意ください。

それと、よく「磨き残しなく丁寧にブラッシングすれば歯磨き剤は要らない!」という人もおられますが、ハッキリ言って「磨き残しなくブラッシングすることはとても難しい」ことなので、個人的には歯磨き粉や洗口液・液体ハミガキなどを使って効率的にケアされたほうが良いと思いますよ。
(しかも、できるだけ磨き残しを減らすためにも1日に複数回磨くことも私は必要だと思ってます。)



「歯周病」
こちらも定番のトラブルですけど、歯周病は「プラーク内の菌(こちらは歯周病菌)」によって歯茎部分(歯を支えている歯槽骨)がどんどんダメージを受けていってしまうお口のトラブルとなっています。

歯周病は歯と歯茎の間の歯周ポケットにプラークが溜まることで発生してしまいますが、「歯周病が進行すると歯周ポケットもどんどん深くなる」ために進行の加速が止まらなくなるのには注意しないといけません。

ですので、歯茎が健康な人ならば「まだ浅い歯周ポケット部分のプラークを取り除くようにブラッシングをする」ことを実践し、
ある程度歯周ポケットが深くなってきた人は日々のブラッシングに加えて3ヶ月~半年ぐらいの間隔で歯医者さんにお掃除をお願いすることも合わせて必要となります。

そして虫歯対策と同じように「歯周病ケアをうたう洗口液」などのオーラルケアアイテムを併用するだけでなく、個人的にはお水の勢いで汚れを落とすジェットウォッシャーは「歯茎のマッサージもできる」ので歯茎のトラブルがある方には特にオススメしたいですね。



「口の乾燥」
ドライマウスという言葉は皆さんもすでにご存知ですよね?

口の乾燥は「加齢による唾液の減少」とか「ストレス」「お薬の副作用」などだけでなく「虫歯や歯周病によって発生するお口のネバつき」も原因になって起こりえます。
対策法としては「唾液腺のマッサージなどで唾液を積極的に出そうとする」だけでなく、丁寧にオーラルケアをすることもお口の乾燥対策となるのはいちおう覚えておきましょうね。

「口臭」
お口のトラブルの中で一番気になってしまう口臭は・・・
今まで挙げてきた「虫歯・歯周病・口の乾燥」が結果的には口臭に繋がってしまい、特に歯周病菌が作りだすガスはかなり厄介な口臭の原因ですのでお早めにな対処しなければなりませんよ。

もちろん単純に「取り除き損ねた食べカス」からもニオイは発生しますし、「舌の汚れ(舌苔)」はかなり多くの人の口臭の原因となっているので、通常のブラッシングと同時に舌ブラシで1日1回ぐらいで良いので優しく舌のケアをしてあげましょうね。



「口内炎」
口内炎がお口の中(頬・舌・歯茎)にできると満足に食事ができないだけでなく、オーラルケアも満足にできないのでかなり厄介なんですよね。

一見、オーラルケア不足と口内炎には関係が無さそうですけど・・・
口内炎は「虫歯による噛み合わせの変化」や「お口の汚れ」によっても発生することがあるのでオーラルケアと全く関係がないことではないのでご注意ください。
(ちなみに「ヤケドや物が当たって粘膜が傷つく」ことや「ウィルス・細菌」「ストレス」「金属アレルギー」「タバコのニコチン」なども口内炎の原因です。)



・・・というわけでざっとですが「オーラルケアをサボることでリスクが高まるお口のトラブル」について紹介してみました♪

中でも歯周病に関しては単なるお口のトラブルということだけでは片付かずに「糖尿病や生活習慣病、骨粗しょう症」などの全身の病にも繋がるため・・・
とにかく自分ができる範囲内のオーラルケアを積極的に行う」ことが私は大切だと感じました。

なので皆さんもご自身の生活習慣や性格、さらにはオーラルケアに使える金額みたいなものも考えてブラッシングの回数やオーラルケアアイテム選びをされてみてはいかがでしょうか?

ちなみに私は・・・
正直なところお財布事情は少しキビし目とはいえ、お口のケア自体には面倒臭さなどは感じていないので、「コマメなブラッシング」と「お手頃価格で購入できるオーラルケアアイテム商品(電動歯ブラシ・ジェットウォッシャー・液体ハミガキ…)」などを組み合わせて日々頑張っています

この記事のまとめ

  • 歯ブラシでのブラッシングはオーラルケアの基本なので「最低でも1日1回」は必ず行う
    (1回では汚れを落としきれないことがほとんどなので1日複数回するのが理想)
  • オーラルケアは歯ブラシでのケアだけでなく、デンタルフロスを使って歯間の掃除をすることもお忘れなく
  • 歯周病対策にはジェットウォッシャーがおすすめ
  • お口のトラブルは口臭に直結してしまうので、「口臭発生源である舌のケア」と合わせて虫歯・歯周病・ドライマウス対策を丁寧にしておきましょう
  • 自宅でのセルフオーラルケアは自分のできる範囲内で無理をせず、長く習慣的に続けることが大切

「キレイな歯」ってどんな歯?

「オーラルケアをする目的」として・・・
虫歯や歯周病などのお口のトラブルを防ぐことだけでなく、キレイな歯を手に入れることを目指されている方も多いですよね?
そこで今回は「キレイな歯ってどんな歯なのか?」ということについて取り上げてみたいと思います。

まず「キレイな歯の条件」としてパッと思い浮かぶことといえば「歯の色」ですよね。

とはいえ、単純に「真っ白だからキレイな歯」というのは、(私の個人的な感覚も入ってしまいますが…)あまり正しいことではないと感じておりまして・・・
テレビなどで芸能人の歯が白すぎて違和感を持ったことがある人もたくさん居られると思いますけど、やはり本来持っている歯の色こそがキレイな歯の色なんだと私は思っています。



そして本来日本人は欧米人などと比べても「エナメル質が薄い」という特徴があるため、
薄いエナメル質の内側にある「黄色い象牙質」が透けてしまい日本人の歯は黄色やクリームっぽいのが通常の状態となっておりますので、このような色であるのならば自分の歯の色を過度に気にする必要はないのではないかと感じてはおります。
(もちろん、歯に着色しやすい「コーヒーや緑茶・ワイン・カレーなどの食品」によって色が付いてしまっている状態や、ご自身の歯の色にコンプレックスがあるのであれば、「ホワイトニング効果のある歯磨き剤」とか「歯医者さんでのクリーニング」をすることは大切なことですよ♪)



それと歯の色に関しては肌の色とのバランスも考える必要があって、肌の色が濃い人が過度にホワイトニングをしてしまうと・・・
「肌と歯の色の差」によって、上にも書きましたが「歯の色に違和感のある芸能人」のような状況となってしまうので「どの程度までを目指してホワイトニングをするのか?」にも気を配りましょう。

ちなみに、これはお子様に限ってのお話ですが・・・
「フッ素を大量に使用」するとエナメル質部分が灰色に変化してしまったり、抗生物質(テトラサイクリン系)の服用で黒く変色してしまうケースがあるようですし、「口を開けて寝ている」というだけでも前歯が乾燥して歯がマダラに白くなってしまうこともあるので一応ご注意くださいね。
(フッ素や抗生物質に関してはそこまで神経質になる必要はないと思いますが…)


そして「歯の色」以外のキレイな歯の条件として挙げられるのが「歯並び」でありまして・・・
こちらは単純に「見た目が整っているのかどうか?」という問題だけでなく、「スムーズに噛み合わせができるか?」というのも合わせて考える必要があります。

ですので、上下の歯がキレイなアーチ型になっていて、食事中の咀嚼や会話をするときに歯と顎が上手く連動して快適に行えるのならばキレイな歯の状態と言えますよね。

こういったキレイな歯並びになるには・・・子供の頃から「よく噛んで顎を発達させる(顎が小さいことで歯並びが崩れることがあるため)」とか「頬杖などはせず姿勢よく生活する」、「睡眠中などに余計な力を歯に加えない(マウスピースの使用・枕の高さや固さを工夫)」することは大切ですよ。



とはいえすでに「歯並びの見た目」や「噛み合わせ」がどうしても気になってしまった場合は「歯医者さんでの矯正や噛み合わせ治療をする」必要は出てきてしまいますが、
個人的には「歯医者さんでホワイトニングをする」ということよりは数倍重要な治療だと思うので、まずは気軽に相談されてみることをオススメします。


というわけでここまで「キレイな歯は歯の色や歯並びに関係していますよ。」ということを書いてきましたが・・・
もちろんこれらにさえ気を使っておけば「キレイな歯になってひと安心!」・・・というわけではなく、
「虫歯や歯周病などのお口のトラブル」によってお口の状況は一変してしまうので、こちらも忘れずに毎日オーラルケアで対策をしておきましょうね。

この記事のまとめ

  • 「キレイな歯」とは…「歯の色」や「歯の形」、そして「歯並び」が良い状態
  • 「歯の色」は、日本人であればそもそも真っ白な歯ではないので、自分の歯がクリーム色や黄色でも過度に気にする必要はない
  • ただし、「食事による着色」には日頃からしっかりと対策しておくべきなのでコーヒーやワインが好きな人はステインオフ系のハミガキ剤でケアしてあげましょう
  • 「歯並び」は歯の色と同様にコンプレックスを感じやすいポイントだが、しっかりと噛み合わせが合っていて機能面で問題がないことが「良い歯並び」の重要な条件
  • 「良い歯並び」のためにはアゴを発達させることや歯やアゴに余計な力を加えないことが大切
  • 虫歯や歯周病などのお口のトラブルによっても歯の色や歯並びに影響が出てしまうので、自宅でのケアと合わせて定期的な歯医者さんでのチェック+クリーニング(3ヶ月~1年間隔ぐらい?)をお忘れなく。