オーラルケアをしないことで発生するお口のトラブル

「歯磨き」などの毎日行うべき自宅でのオーラルケアをサボっとしまうことで発生してしまうお口のトラブルといえば・・・たぶん皆さんもいくつかは簡単に想像はできてしまうと思います。

とはいえ、あえてそういったことも調べてみることも意外と大切なのではないかと感じたので今回は取り上げてみました。


●まずは大定番の「虫歯」
虫歯とは・・・
「ミュータンス菌」という虫歯菌が歯の表面にプラークを作り出し、そのプラークが糖分をエサにして酸を作って歯を溶かすことで起こるトラブルですよね。

ですので虫歯にならないためには「そもそも生まれた時にはお口に虫歯菌は居ないので、それを外から感染させない」ということが有効な対策方法なのですが・・・
これは私達が物心付く前の赤ちゃんの段階で「親の虫歯菌が子供に移る」という流れで同じ食器を使ったりキスをしてしまうと虫歯菌が子供にお口へと移動してしまいましすし、
親がいくら「子供に虫歯菌を感染させないようにしよう!」と思っていても完全に防ぐには限界がある(特に祖父母とのコミュニケーションに注意)ため、「親が子供の将来のために虫歯菌をうつさないように気をつける」ことは大切だとはいえ、現実的にはけっこう難しい対策方法なんですよね。

そこでもう一つの虫歯の原因である「糖分をお口に残さない」ことが私達ができる最善の虫歯対策となり、それには「(最低限)1日1回は超丁寧に歯磨きをする」ことが重要となります。

もちろん「食事をするたびにブラッシングする」ことも有効なんですが、プラークが作られてから2日程度の期間が経つと自分のブラッシングでは対処できない状態になると言われているので・・・
最低でも1日に1回は歯ブラシだけでなくフロスやジェットウォッシャーなどで食べカスや出来立てのプラークをコマメに取り除いていきましょうね。



特に「歯並びの悪い人」や「1回でも治療済みの歯がある人」、「年齢や歯周病で歯茎が下がり気味の人」はどうしても汚れが溜まりやすいのでご注意ください。

それと、よく「磨き残しなく丁寧にブラッシングすれば歯磨き剤は要らない!」という人もおられますが、ハッキリ言って「磨き残しなくブラッシングすることはとても難しい」ことなので、個人的には歯磨き粉や洗口液・液体ハミガキなどを使って効率的にケアされたほうが良いと思いますよ。
(しかも、できるだけ磨き残しを減らすためにも1日に複数回磨くことも私は必要だと思ってます。)



「歯周病」
こちらも定番のトラブルですけど、歯周病は「プラーク内の菌(こちらは歯周病菌)」によって歯茎部分(歯を支えている歯槽骨)がどんどんダメージを受けていってしまうお口のトラブルとなっています。

歯周病は歯と歯茎の間の歯周ポケットにプラークが溜まることで発生してしまいますが、「歯周病が進行すると歯周ポケットもどんどん深くなる」ために進行の加速が止まらなくなるのには注意しないといけません。

ですので、歯茎が健康な人ならば「まだ浅い歯周ポケット部分のプラークを取り除くようにブラッシングをする」ことを実践し、
ある程度歯周ポケットが深くなってきた人は日々のブラッシングに加えて3ヶ月~半年ぐらいの間隔で歯医者さんにお掃除をお願いすることも合わせて必要となります。

そして虫歯対策と同じように「歯周病ケアをうたう洗口液」などのオーラルケアアイテムを併用するだけでなく、個人的にはお水の勢いで汚れを落とすジェットウォッシャーは「歯茎のマッサージもできる」ので歯茎のトラブルがある方には特にオススメしたいですね。



「口の乾燥」
ドライマウスという言葉は皆さんもすでにご存知ですよね?

口の乾燥は「加齢による唾液の減少」とか「ストレス」「お薬の副作用」などだけでなく「虫歯や歯周病によって発生するお口のネバつき」も原因になって起こりえます。
対策法としては「唾液腺のマッサージなどで唾液を積極的に出そうとする」だけでなく、丁寧にオーラルケアをすることもお口の乾燥対策となるのはいちおう覚えておきましょうね。

「口臭」
お口のトラブルの中で一番気になってしまう口臭は・・・
今まで挙げてきた「虫歯・歯周病・口の乾燥」が結果的には口臭に繋がってしまい、特に歯周病菌が作りだすガスはかなり厄介な口臭の原因ですのでお早めにな対処しなければなりませんよ。

もちろん単純に「取り除き損ねた食べカス」からもニオイは発生しますし、「舌の汚れ(舌苔)」はかなり多くの人の口臭の原因となっているので、通常のブラッシングと同時に舌ブラシで1日1回ぐらいで良いので優しく舌のケアをしてあげましょうね。



「口内炎」
口内炎がお口の中(頬・舌・歯茎)にできると満足に食事ができないだけでなく、オーラルケアも満足にできないのでかなり厄介なんですよね。

一見、オーラルケア不足と口内炎には関係が無さそうですけど・・・
口内炎は「虫歯による噛み合わせの変化」や「お口の汚れ」によっても発生することがあるのでオーラルケアと全く関係がないことではないのでご注意ください。
(ちなみに「ヤケドや物が当たって粘膜が傷つく」ことや「ウィルス・細菌」「ストレス」「金属アレルギー」「タバコのニコチン」なども口内炎の原因です。)



・・・というわけでざっとですが「オーラルケアをサボることでリスクが高まるお口のトラブル」について紹介してみました♪

中でも歯周病に関しては単なるお口のトラブルということだけでは片付かずに「糖尿病や生活習慣病、骨粗しょう症」などの全身の病にも繋がるため・・・
とにかく自分ができる範囲内のオーラルケアを積極的に行う」ことが私は大切だと感じました。

なので皆さんもご自身の生活習慣や性格、さらにはオーラルケアに使える金額みたいなものも考えてブラッシングの回数やオーラルケアアイテム選びをされてみてはいかがでしょうか?

ちなみに私は・・・
正直なところお財布事情は少しキビし目とはいえ、お口のケア自体には面倒臭さなどは感じていないので、「コマメなブラッシング」と「お手頃価格で購入できるオーラルケアアイテム商品(電動歯ブラシ・ジェットウォッシャー・液体ハミガキ…)」などを組み合わせて日々頑張っています

この記事のまとめ

  • 歯ブラシでのブラッシングはオーラルケアの基本なので「最低でも1日1回」は必ず行う
    (1回では汚れを落としきれないことがほとんどなので1日複数回するのが理想)
  • オーラルケアは歯ブラシでのケアだけでなく、デンタルフロスを使って歯間の掃除をすることもお忘れなく
  • 歯周病対策にはジェットウォッシャーがおすすめ
  • お口のトラブルは口臭に直結してしまうので、「口臭発生源である舌のケア」と合わせて虫歯・歯周病・ドライマウス対策を丁寧にしておきましょう
  • 自宅でのセルフオーラルケアは自分のできる範囲内で無理をせず、長く習慣的に続けることが大切
  スポンサーリンク


コメントを投稿