電動歯ブラシ「ドルツ EW-DL12」用の替えブラシ「カーブフロートタイプ EW0922-W」を試してみました

現在、私はパナソニックの電動歯ブラシである「ドルツ EW-DL12-A」を使用中ですが、今回はカーブフロートタイプの「EW0922-W」という替えブラシを購入して使ってみたのでその感想を書いていきたいと思います。



こちらの「ドルツ カーブフロートタイプ」はその商品名からもなんとなく分かるとおり、「柄の部分がカーブしていて奥歯まで届きやすい上に、ブラシがフロート機構になっていて歯間に入り込みやすい」という特徴がある替えブラシとなっています。

ここで「フロート機構」というのがあまりピンとこない表現でしょうけど・・・
簡単に言ってしまえば「ブラシの一部が上下に動く構造になっている」というだけのお話でして、後でも感想として書きますが「普通の歯ブラシのようにブラシが固定されていないので優しい磨き心地である」のが私は大きなポイントだと思いましたね。

●いちおうパッケージの画像です。


●ブラシ部分のアップ画像。
(真ん中に生えている薄めの青いブラシがフロート機構になってます。)
   
ブラシの形自体は山切り状になっているので、第一印象としてはドルツ用の「山切りブラシ・Vヘッド EW0910(販売終了品)と形状は同じなのかな?」なんてことを思ったので「以前購入したEW0910」と「今回購入したEW0922」を比べてみたところ・・・

右側が今回購入した替えブラシです。
 
(フロート状になっている違いが一番大きいとはいえ…)「ブラシの上部分」に大きな違いがあったようですね♪

※・・・あ、それと突然なんですが「Panasonicの電動歯ブラシ用替えブラシ」は色んな種類があって分かりにくいので、皆さんもこちらの一覧表(PDFファイル)からご確認しておくのがオススメですよ。


そして、ここから実際に「カーブフロートタイプ EW0922」を使ってみた感想となりますが・・・

先ほども書きましたようにフロート機構によって磨き心地がとにかく優しいんですよね。
まぁ、これは今まで私がドルツで主に使っていた「ダブルエッジタイプ EW0925のブラシが特に硬めだった」ということもあるとはいえ、カーブフロートタイプの優しい磨き心地なのにしっかりと磨けているという印象は好感触でしたよ。

個人的には山切り状で歯間に入り込みやすいことはもちろん「上部の青い毛束部分が磨き上がりのシッカリ感につながっている。」のではないかと勝手に思いました。



ちなみに今回購入したブラシの柔らかめ版である「カーブフロートブラシ・ソフト EW0924」も販売されているので使う人によって選択できるのは嬉しいポイントなのではないでしょうか?
(…私は通常の硬さでも十分刺激が少なめで満足でしたけど…)

・・・というわけで、かなり簡潔にとはいえここまでEW0922を実際に使ってみた感想を書いてきましたが・・・
もし電動歯ブラシのドルツをご使用になっている方で「カーブフロートタイプダブルエッジタイプのどちらを買おうか迷っている!」と言うことであれば・・・

イメージ的には「ダブルエッジタイプ EW0925は面でゴシゴシと磨けてカーブフロートタイプ EW0922は線で優しく磨ける」という感じなので、2つ購入して用途に合わせて使い分けるのが良いのかなぁ・・・なんてことは思いました♪
(ついでに「山切りブラシ・Vヘッド EW0910」は点でちょこちょこと磨けますが、私は磨き上がりに不満で現在は使ってません…)



なんか結論として「替えブラシは2種類買ってしまいましょう!」みたいなことになるのはあまり良いシメではないのですが、
私は「1つの道具(方法)をひたすら使い続けるより、いろいろな角度からオーラルケアしてあげることが大切」だと思っているのでこれからはダブルエッジタイプとカーブフロートタイプを切り替えながら(…それと「普通の歯ブラシによる手磨き」もしながら)オーラルケアしていきたいと思います。
  スポンサーリンク


コメントを投稿